重要情報の管理

しっかりガードする

企業等において特に慎重な取扱いが要求されるものの1つに、機密文書があります。保管体制に問題があったために機密が漏えいしたりすればビジネス上の大きな損失となるばかりでなく、社会的な信用を失うおそれもあります。 取扱いに注意しなければならないのは保管時ばかりではありません。処分時にもリスクはつきまといます。うかつに一般ごみとして出すわけにはいかないので、いきおい断裁などによる内部処理が基本になります。 しかしビジネスの規模が大きくなればなるほど機密文書の量も増えてくるので、自己処理では追いつかなくなってしまうことがあります。そんなときは外部業者に委託することとなりますが、近年は信頼のおける機密文書専門の処理業者が登場してきています。

機密文書の処理を専門業者に委託することのメリットは、もちろんその確実性にあります。業務用の高度な設備を用いて文書を破砕し、跡形もなく溶解してしまうので、外部に流出するおそれがありません。 また大量の文書を短時間に処理できるというメリットもあります。特に個人情報保護法の制定以降は簡単なアンケート調査の回答票なども取扱いに注意が必要となったため、機密文書の量は激増しています。効率よく処分するには、プロフェッショナルに任せるのが賢明です。 優良な業者であれば、処分業務そのものだけでなく回収時、輸送時にも万全の体制を構築しています。また、処理終了後に証明書の発行も行っています。これによって依頼者自身の信頼も保たれることになります。