取得する方法

ロックする

企業がISO9001を認証取得しようとする場合、二つの方法があります。一つは、基本的に自社で品質マネジメントシステムを構築していく方法です。専門の企業が行う研修に参加したり、書物を購入し、自社でその内容を学習するというやり方です。もう一つは、ISO9001の専門のコンサルティングサービスを利用する方法です。この場合は、品質マニュアルを作成してくれるものから、その作成を指導してくれるものまで、様々ですが、取得対策まで請け負ってくれるため、負担は軽減することが可能です。それぞれの企業の事情によって使い分けて、利用することができます。どちらにせよ、構築した品質マネジメントシステムが、ISO9001の認証取得に値するか、を決めるのは審査機関になります。

業界ごとにISO9001に対する考え方は違いますが、最近では、一定上の品質を確保するための前提条件として、ISO9001の認証取得を取引条件に掲げている場合があります。これは、特に監査する側にとって、メリットが大きくあることが起因しています。 取引を始める場合は、その工場の監査を行うことが現在では主流になってきておりますが、半日ほどかけてチェックを行っても、一部の面しか確認できないことも多いのが実際のところです。しかし、ISO9001などの規格要求事項に沿って品質活動をしている場合は、その概要を把握することができ、その規格に則った監査を行うことが可能になります。その方法は、効率が上がることはもちろんのこと、もれなくできることで、非常に有効な手段の一つになっており、結果として、取引を円滑に進めることにつながっております。